成田山

9/16〜18の3連休、台風18号さまが日本列島を縦断するってことで、3日とも雨予報(-_-)(通り過ぎてみれば3日目は台風一過のピーカンでしたが…)

かろうじて初日は夕方まで曇り、その後雨の予報なので、近場に出かけることにしますよ。なんたって、暑くも寒くもないバイク乗りには大切な季節です。片付けなきゃならない仕事は後半に回し、出かけよー、出かけよー!(嫌なことは後回し〜)

さて、どこ行こうか…この辺りはあまり良い所無いんだよね…

「よしっ富士山方面か!」と思い御殿場辺りの天気を調べて見ると、午前中から降り出す予報です。「うーん、、、西側がダメとなると、ホント行くとこないなぁ。あまり遅くなるとこの辺りも降られるし…」

って感じで悩んだ挙句、成田山です。空いてれば1時間ちょい、混んでても1時間半の近場なので、こんな日にはちょうど良いですかね。成田山なんか小学生の頃の遠足以来です。

 

成田へ

朝6時半、いざ!出撃ー

あら、あっけなく7時半過ぎに着いちゃった。

f:id:AkasakaIchiro:20170918080044j:image

こんなルートなのですが、この国道464号線ってのが、超快速な国道です。

f:id:AkasakaIchiro:20170918080232j:image

ずっと北総開発線路沿いを走るのですが、途中から信号なしの2車線です。京成スカイライナーと競争できます!(-"-)

(電車と並ぶと「負けられんっ!」ってなっちゃいます。)

この辺りでは珍しい70キロ制限ですし信号なしとなれば、実質高速みたいなもんですね。

 

成田山

なんかナビの案内に従って来たら裏手の駐車場に着いちゃったようです。やっぱり寺社仏閣は正面から入らないとね。

ってことで、成田山の表参道へ

f:id:AkasakaIchiro:20170918084730j:image

朝早いので閑散としています。鰻屋さんがみんなで仕込みしてますね。

 

そして、ここが成田山の表玄関、総門です。一礼してお邪魔しましょう。

f:id:AkasakaIchiro:20170918084827j:image

総門を抜けると、その先に見えるのが仁王門です。

f:id:AkasakaIchiro:20170918084858j:image

その前に門の下右手に手水舎があるので、清めてから!(-"-)

f:id:AkasakaIchiro:20170918084933j:image

仁王門

f:id:AkasakaIchiro:20170918085006j:image

そしてこの階段を上がると大本堂がある広場に出ます。

f:id:AkasakaIchiro:20170918085051j:image

階段上がると香閣があります。

f:id:AkasakaIchiro:20170918085137j:image

手水舎で手と口を清め、香閣で心を清めるってことらしいですよ。

ここには、三重塔なんかもあります。

f:id:AkasakaIchiro:20170918085203j:image

f:id:AkasakaIchiro:20170918085227j:image

 

大本堂→出世稲荷→釈迦堂と巡って、この↓奥側、大本堂裏手の階段を行くのが良さそうです。

f:id:AkasakaIchiro:20170918085320j:image

ここが光明堂

f:id:AkasakaIchiro:20170918085344j:image

光明堂の裏手に奥之院があります。

f:id:AkasakaIchiro:20170918085413j:image

ここに入れるのは7/7〜9の3日間のみ。不動明王の本地仏である大日如来が安置されているとかかれています。

あとは、一番奥の大塔見てコンプリートです。

f:id:AkasakaIchiro:20170918085431j:image

お疲れ様(^ ^)

 

御朱印

成田山では5つの御朱印がもらえるようです。

  • 大本堂→不動明王
  • 釈迦堂→釈迦如来
  • 光明堂→大日如来
  • 出世稲荷→荼枳尼天
  • 平和大塔→薬師如来

とりあえず、一番かっこよさそうな不動明王の御朱印いただいて来ました。

f:id:AkasakaIchiro:20170918204025j:image

 

朝ごはんは卵かけご飯

そういえば、朝ごはんも食べていないのでお腹が空きました。成田といえば、卵かけご飯!(いや、僕的にね)

ってことで、『たまご屋さんコッコ』さんへ

f:id:AkasakaIchiro:20170918085506j:image

なんたって、美味しい卵かけご飯が食べ放題!それも360円でね(^ ^)

ご飯とみそ汁おかわり自由、卵はめちゃ美味しい!(-"-)

場所は↓

f:id:AkasakaIchiro:20170918085525j:image

おみやげ

『たまご屋さんコッコ』さんでは、成田の農産物も格安で買えます。

f:id:AkasakaIchiro:20170918085550j:image

ここで生落花生など手に入れてしまったので、煎ったピーナッツと茹でたピーナッツ作ってみました。

f:id:AkasakaIchiro:20170918085629j:image

ビールが美味し。

あと、サラダごぼうはきんぴらに〜

f:id:AkasakaIchiro:20170918085654j:image

成田山、小学生時代以来の参拝でしたが、なかなか良いとこでした。

 

◇◆◇◆◇◆

ちなみに3連休の3日目、ビーガンやん!

家のベランダから↓

f:id:AkasakaIchiro:20170918205842j:image

仕事は早く片付けて、今日出撃すりゃあよかったよ〜

f:id:AkasakaIchiro:20170918205931j:image


以上(・ω・)ノ
────────────
過去記事を最初から読んでくれるっていう奇特な方は、どうぞこちらへm(_._)m
過去記事まとめ その1 (2014年) - モンキーからSRV250へ
過去記事まとめ その2 (2015年) - モンキーからSRV250へ
過去記事まとめ その3 (2016年) - モンキーからSRV250へ

 

RX-0 ユニコーンとヒストリーガレージ

9/10 お台場へ

f:id:AkasakaIchiro:20170912233515j:image

お台場ビーナスフォートのヒストリーガレージに来ました。

その前に、ユニコーン見てこよう(^ ^)

f:id:AkasakaIchiro:20170912234035j:image

f:id:AkasakaIchiro:20170912234109j:image

おおっ!すげ〜

ガンダムUCは小説から読んでいたので、ちょっと思い入れがある。キリがないのでファーストのみにしておこうと思ったガンプラも、思わず手を出してしまうなぁ

ってことで、

f:id:AkasakaIchiro:20170912234545j:image

ダイバーシティのガンダムベースは覗かないとね(^ ^)

f:id:AkasakaIchiro:20170912234642j:image

表のユニコーンは9/24正式展示開始ですよ。公開されたら夜に来て、デストロイモードになった姿を見ないとね。サイコフレームの光を浴びに来ようぞ!

 

職人のガンプラ達

さすが!私達素人とはレベルが違うな

f:id:AkasakaIchiro:20170912235226j:image

↑テカテカなワインレッドが素晴らしいです。やっぱりザクはカッコいいな〜

 

f:id:AkasakaIchiro:20170912235307j:image

↑すご〜く精密なユニコーン、老眼のこの身では、どんなに作成技術が上がってもこれは無理だなぁ

 

f:id:AkasakaIchiro:20170912235343j:image

↑細かく作り込まれているのはもとより、完璧な陰影が施された塗装が凄いです。このサイズで!

凄い方々がいるもんです。

 

堪能したので、ビーナスフォートに戻りますよ。

今日のお目当はここ。

f:id:AkasakaIchiro:20170912235549j:image

ヒストリーガレージ。入場無料です(^ ^)

ここに展示してある車達のチョイスが素晴らしいです。責任者は僕等世代ではなかろうか?

 

コスモスポーツ

f:id:AkasakaIchiro:20170912235626j:image

1971年製、帰ってきたウルトラマンでウルトラ警備隊が乗っていた車。僕が幼稚園の頃、毎週ワクワクして見ていたシリーズだな。

 

初代のソアラ

f:id:AkasakaIchiro:20170912235652j:image

流行りましたよね〜。僕等が車に乗り始めた頃の車です。金持ちなお友達が乗ってたなぁ

 

フェラーリディーノ

f:id:AkasakaIchiro:20170912235711j:image

跳ね馬マークが付かないフェラーリですね。歴代のフェラーリの中でも飛び切りエレガントな車だと思うな。ディーノと言えば、サーキットの狼の沖田だよね。

 

デロリアン

f:id:AkasakaIchiro:20170912235745j:image

これはバック・トゥ・ザ・フューチャーしか思い浮かばないけど、あの映画で鮮明に記憶に刷り込まれた車だね。

 

トヨタ2000GT

f:id:AkasakaIchiro:20170912235809j:image

日本でもこんなカッコいい車を作れた時代があったんだな〜

私が生まれた1967年〜生産された車です。ってことは、トヨタ2000GTも50歳ってことだ。

 

トヨタ セリカ

f:id:AkasakaIchiro:20170912235837j:image

セリカリフトバック〜

小学生くらいかなぁ、親父の仕事仲間のあんちゃんが乗ってて、良く乗せてもらったなぁ。こんなところに飾られる名車として、後世に残るとは思いもよらなかったが、確かにカッコよかった。

 

トヨタ スポーツ800

f:id:AkasakaIchiro:20170912235859j:image

ヨタハチ。wikipedia見ると1965年〜生産と書かれている。今のトヨタ車で、こんな風に50年後の後世に残る車はあるのかなぁ。パッとは思いつかない…っていうのも、悲しいことだね。

 

ホンダ S800

f:id:AkasakaIchiro:20170912235936j:image

S8。車なのになんと!チェーンドライブ。今wikipedia見て知りましたが、あのボンネット右側のパワーバルジは単なるダミーらしい(^ ^)

 

いすゞ 117クーペ

f:id:AkasakaIchiro:20170913000025j:image

いすゞと言えば、117クーペとピアッツァだよね。どちらもジウジアーロのデザインで、確かにカッコよかった。デザイナーって重要なんだね。この頃のトヨタさん、、、デザイナーをなんとかした方が良い気が… そんな風に思っているのは私だけでは無いはず。

 

フォルクスワーゲン ビートル

f:id:AkasakaIchiro:20170913000049j:image

ポルシェ博士が酔っ払った時に作ったと言われている車(所さんがそう言っていた(^-^))

 

フィアット ヌオーヴァ

f:id:AkasakaIchiro:20170913000107j:image

言わずと知れたルパン一味の愛車ですね。本名はヌオーヴァなんですね。フィアット チンクチェントって車だと思っていました。チンクチェントってのはイタリア語で「新しい500」って事らしい。

ここに飾られている車で、実際に所有出来そうな1台ですね。道楽でもう1台車持てるなら欲しい1台だ!

 

BMW イセッタ

f:id:AkasakaIchiro:20170913000114j:image

初めて見た車だか、なんと!全面がドアになっている。面白いので写真撮ってみた(笑)

 

◆◇◆◇◆◇

ってな感じで、バイク置き場もあるし、入館料無料だし、50超えたおっさんが昔を懐かしむ施設としてオススメです。

見て乗って感じる クルマのテーマパーク MEGA WEB(メガウェブ)

 

以上(・ω・)ノ
────────────
過去記事を最初から読んでくれるっていう奇特な方は、どうぞこちらへm(_._)m
過去記事まとめ その1 (2014年) - モンキーからSRV250へ
過去記事まとめ その2 (2015年) - モンキーからSRV250へ
過去記事まとめ その3 (2016年) - モンキーからSRV250へ

TDM850 キャブレター同調

天気がいいね。秋晴れ、ツーリング日和、整備日和です。TDM子の残りの課題『キャブレターの同調』でもやってみるかね。

 

物品調達

バキュームゲージと関連品を調達です。

先ずはバキュームゲージ。今後も大して使うものでもないので、一番安い物でいいな。

 

次に、三又分岐ってやつ。1つのバキュームゲージで2つのキャブの負圧を調整するので、これがあると便利ってこと。

ニッソー AQ-02 三又分岐(金属) AQ-02

ニッソー AQ-02 三又分岐(金属) AQ-02

 

 

あとは、バキュームゲージをつなぐホース。

ジェックス GXー72 ソフトチューブ白4.5m

ジェックス GXー72 ソフトチューブ白4.5m

 

お勉強と準備

先ずはサービスマニュアルを見てみよう。

ふむふむ…

f:id:AkasakaIchiro:20170909143503j:image

バキュームゲージをつなぐのはこの2本ね

 

f:id:AkasakaIchiro:20170909143610j:image

でもって、アイドリングを1,050〜1,250rpmにして、負圧が270〜290mmHgで同調する。

 

f:id:AkasakaIchiro:20170909143946j:image

気筒間の同調のスクリューはこれ↑

 

その他、他の方のブログなど読んでみると、結構ガソリンを消費するとか書いてある。私は100均で買ってきたドレッシングのボトルをガソリンを供給するサブタンク代わりに使いました。

f:id:AkasakaIchiro:20170909144832j:image

底部に小さい空気穴開けてあります。

あとは、用意したバキュームゲージの準備です。

f:id:AkasakaIchiro:20170909201420j:image

真ん中にゲージをつないで、バイク側のホースは4Φより太いので両脇の口にも短く切ったホースを付けておきます。もう1本はホースを付けてダブルクリップで留めて塞いでおきます。

f:id:AkasakaIchiro:20170909202054j:image

あと、「コックオープンのままいきなりエンジンかけるとゲージが壊れちゃうよ」という情報もありましたので、全部OFF側にひねっておこう。

 

キャブにアクセス〜ゲージ接続

先ずはメンテナンススタンドたてます。

f:id:AkasakaIchiro:20170909204111j:image

なんか、バイクってメンテナンススタンドに載せるとカッコいいよね。

そういえば、こいつのタンク下ろすの久々だな(^ ^)

サイドカウル外して、タンク外して、エアクリーナー外します。

f:id:AkasakaIchiro:20170909204354j:image

もう慣れたものです(笑) ここまでは既に体が覚えているレベルですよ。

 

サブタンク代わりのドレッシングボトルにガソリン入れて、負圧ポンプからキャブに行ってるホースにつなぎます。ボトルはインシュロックでハンドルあたりにぶら下げておきます。

後は負圧計、事前に調べておいたホースに繋いで準備完了です。

f:id:AkasakaIchiro:20170909204425j:image

ちなみに、ガソリンはこれだけ↓入れておいたのですが、途中で追加しました。

f:id:AkasakaIchiro:20170909214505p:image

無くなるまで5分位だと思います。アイドリングの燃料消費ってバカにならないと実感した次第です。

 

同調

f:id:AkasakaIchiro:20170909211716j:image

手順は、エンジンかけて

  1. 三又分岐の負圧ホースが刺さっている片方のコックをオープン
  2. 同じく負圧計に行っているコックをオープン
  3. 針が揺れるので、コックを少しづつ絞って針の揺れが収まるとこを探す
  4. 負圧を読む
  5. 1.で開けたコックを閉じる
  6. もう1本の負圧ホースが刺さっているコックをオープン
  7. 負圧を読む

これで、4.と7.が同じ値になるように調整するのですが、、、

同調用のスクリューはアクセルを全開にしないと回せない位置にあります。しょうがないので、一旦エンジン切って、調整スクリューを少し回して、再度上記の手順で負圧を読む。の繰り返しです。

ちなみに私のTDM子、同調思いっきり狂ってましたよ。そりゃそうだ…キャブのオーバーホールでキャブを2つに割って、その後目視でしか同調してなかったからね〜。

負圧を読む→同調スクリューをひねる→負圧を読む→同調スクリューをひねる…

5回ほど繰り返してだいたい合いました(^-^)

同調するとアイドリングが結構上がるんですね。途中で2度ほどアイドルスクリューひねってアイドリング下げましたよ。

f:id:AkasakaIchiro:20170909212504j:image

250mmHgくらいで同調させました。サービスマニュアルでは270〜290mmHgで合わせろと書いてありましたが、ガソリン勿体無いのでこれでいいか(笑)って感じ。

 

試運転

いやいや、もっと早く調整すればよかった。凄く良くなったよ。アクセルのツキって言うんですかね〜、レスポンスが体感できるくらい良くなりました。こりゃあ、たまには同調してやるのが良いかもしらん。

よし!これでTDM子の整備はだいたい完了です。後は乗るだけ。この調子を維持して2年間問題なく走ってくれると良いなぁ(´▽`)

 

そういや、SRVくんも一度キャブの同調してみようかなぁ

 

以上(・ω・)ノ
────────────
過去記事を最初から読んでくれるっていう奇特な方は、どうぞこちらへm(_._)m
過去記事まとめ その1 (2014年) - モンキーからSRV250へ
過去記事まとめ その2 (2015年) - モンキーからSRV250へ
過去記事まとめ その3 (2016年) - モンキーからSRV250へ