我がキャンプツーリングの道具達

キャンプツーリングの道具というと、限られた積載スペースに如何に積み込むかってことだよね。

あちこち走って、キャンプ場では寝るだけ〜っていうなら、テントと寝袋くらいでいいですが、キャンプメインでゆっくり過ごしたいというのであれば、色々持っていきたくなっちゃいます。

タープも欲しいし、ゆっくりできるイスも欲しい。焚き火もしたいし、炭火で焼き物もしたい。できれば快適に寝られるコットもいいな、朝はコーヒーくらい淹れたい…と欲は尽きないわけです。

 

なるべくコンパクトに

車でなくオートバイなんでね。なるべくコンパクトに収めたいですよね。大きな重い荷物は、バイクの魅力半減だし、なによりバイクが重いと、それだけで疲れちゃうからね。

ということで、42Lトップケースとリアシートに積む感じで厳選するとこんな↓感じ。

f:id:AkasakaIchiro:20190609222822j:image

f:id:AkasakaIchiro:20190609222851j:image

広げるとこれくらい↓

f:id:AkasakaIchiro:20190609222826j:image

TDM子には22L×2個のパニアケースがあるので、この42Lトップケース分はそこに入るくらいの容量です。バニアに入れれば、トップケースは食材エリアに使えます。

 

リアシート積載分

リアシート分は、なるべく長さが短い製品を選択しています。

f:id:AkasakaIchiro:20190609222832j:image

積載はこの3点。テントとコットとタープのポールです。

この一番長いテントの43cmに収めようとすると、Amazonでもあまり選択肢ないです。

コットは居るか?と思いますが、マットより寝心地いいし、コンパクトなものであれば、マットより容量小さいですしね。ほんのちょっと重いけど、寝心地重視です。

 

寝袋とタープ

バイクで快適に走れる季節は、寝袋も薄っぺらい物で良いよね。こちらもコンパクト重視。
f:id:AkasakaIchiro:20190609222805j:image

タープは必須ではないと思いますが、のんびりするときの日除けとしては欲しいです。
f:id:AkasakaIchiro:20190609222903j:image

タープのポールは、37cmに収まる6分割の物です。ペグは、重量を削るために短い物を選択。地面が柔らかだと抜けちゃいますが、鋳造の長いペグは重いからね。

 

焚き火設備

どこのキャンプ場も「直火は禁止」っていうところが多いのです。でも焚き火がないと、、、なんか寂しいです。ですので、焚き火台はやっぱり必要。

ペットボトル1本分に収めた、半自作のセットを入れました。
f:id:AkasakaIchiro:20190609222841j:image

ステンレスメッシュの焚き火の上にグリルを乗せた、煮炊きが出来るセットです。
f:id:AkasakaIchiro:20190609222900j:image

危ないので、革手と火ばさみも要りますね。火ばさみも折りたたみでコンパクトに収まるものを選択です。

 

テーブルと調理器具

うーん、テーブルはもう1つ欲しい感じですが、まあ、地べたでもいいですかね。
f:id:AkasakaIchiro:20190609222907j:image

バーベキューコンロとガスバーナー、食器類です。鍋とかやかんは、なるべくスタック出来る構成で組み合わせです。調味料類が結構かさばりますね。

そしてご飯!(-"-)

白飯が無いと、なんか寂しいからね。
f:id:AkasakaIchiro:20190609222815j:image

固形燃料のコンロとメスティン。メスティンの中には、ちょうど1合入る焼酎の容器にお米を入れてあります。
f:id:AkasakaIchiro:20190609222752j:image

しゃもじ、スプーン、フォーク、お箸とガストーチ、そして調理用のナイフもこの中に。

 

雑貨類

ヘッドライトとLEDランタンなどの雑貨類です。

f:id:AkasakaIchiro:20190609222854j:image

このLEDランタン、コンパクトで長時間使えそうです。
f:id:AkasakaIchiro:20190609222838j:image

火吹き棒、予備の電池、ウエットティッシュとかも、ココに入れてあります。青いボトルは自作のハッカ水が入っています。虫除け用ね。

金槌、ノコギリ、ナイフ

f:id:AkasakaIchiro:20190630085954j:image

金槌はペグ打ちに必須です。ノコギリとナイフは薪割り用です。

あとは、ゆっくりするためのイスも必須ですね。ちなみに中華の安物ですが、壊れないね(^^)
f:id:AkasakaIchiro:20190609222810j:image

これだけ積んで、またソロでキャンプに行ってみようかなぁ。

 

さあ、お片付け〜
f:id:AkasakaIchiro:20190609222801j:image

 

最後にAmazonリンク

↑イスは、こんな感じの中華製。座り心地は、本物とそう変わらないと思うよ。

↑GIVIに比べてKAPPAのリアボックスは安っぽいですが、GIVI製とステーが共用できるところが良いです。

↑組み立て簡単、グランドシートもセットで、軽くて収納サイズがコンパクトなのがとても良い。

↑コットもなるべく軽いものを選択。これも中華だが、壊れず結構長い間使っている。

↑圧縮できる収納袋が付いてた。寒い時期は無理だが、バイクで快適に走れる季節はこれで充分。

↑これは折りたたみ式ですが、友達が持っている伸縮式のトングの方が使いやすいかな。

↑焚き火台の上に乗せるグリル。分解して収納すると、とても小さくなる。太い方の筒状の部品に全て収まる作りです。

↑鹿番長のバーベキューグリル。これは安いしなかなか良い。ただ、私の持っている物は初代なので、炭を置く台の高さ調整ができない…

↑ふつうのカセットガスが使えるのが良い。コンビニで調達できるからね。いつもハーフサイズのカセットガスとセットで持っていきます。

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

 

↑ご飯炊くならメスティン。100均で売っている固形燃料1個で丁度良く炊けるので、失敗しなくて良いな。

↑キャプテンスタッグの折りたたみテーブルも良いが、更にコンパクトさを追求すると、こんな感じのテーブルになる。

タープもなるべくコンパクトになる物をチョイス。ポールとロープとペグは別途用意する必要ありです。300cm×300cmで600gはなかなかだ。

↑タープのポール。これの6本連結の2本セットで、連結すると1本180cm、重量は2本で600gです。収納サイズは長さ37cmなので、かなり短いと思う。

↑ペグは、タープ用にこれ4本と、あとはジュラルミンの軽い物を10本ほど装備です。

↑とても明るい。10000mAhの充電池なので、携帯の充電にも使えます。なにより小さいのが良い。

シルキー ポケットボーイ 万能目 130mm 340-13

シルキー ポケットボーイ 万能目 130mm 340-13

 

↑ちょっと短いけど、一番コンパクトなもの。Amazonで替え刃も入手できるのもよい。

 

以上(・ω・)ノ
────────────
過去記事を最初から読んでくれるっていう奇特な方は、どうぞこちらへm(_._)m
過去記事まとめ その1 (2014年) - モンキーからSRV250へ

過去記事まとめ その2 (2015年) - モンキーからSRV250へ

過去記事まとめ その3 (2016年) - モンキーからSRV250へ

過去記事まとめ その4 (2017年) - モンキーからSRV250へ

過去記事まとめ その5 (2018年) - モンキーからSRV250へ
────────────
あと、RSSリーダーなんぞをお使いの方、更新フィードはこちら。
Atom フォーマット
http://akasakaichiro.hatenablog.jp/feed
RSS2.0 フォーマット
http://akasakaichiro.hatenablog.jp/rss