TDM850キャブ調整

アフターファイアーしまくりのTDM子さん、なんとかならないですかね〜
あっ、我がTDM850ですが、ジジイバイクと称したのは撤回します。なんたって平成10年8月登録なので、ピチピチの「もうすぐ19才❤︎」ですからね〜
ってことで、今後はTDM子ちゃん(笑)

現状把握

まずは、なんでこうなってしまったのか、どんな状態なのか?

高速乗って千葉に行った際に「なんかアクセル全開で吹けないなあ〜」と思って、キャブ下ろして掃除したんですよね。

結構ドロドロだったから、キャブクリーナーをジャバジャバ使って綺麗にしたわけですよ。
あんなにドロドロだったものを綺麗にしたんだから、少しは調子よくなるだろ!
と期待してたのですが…
余計に乗りにくくなるという、「え?なんで?」という状況です。

どんな状態かというと、

症状1:3000回転以下の力がない
元の状態をしっかり把握してませんでしたが、多分「キャブ掃除する前の方が良かったかなぁ」という感じ。
3000回転以下だと、ちょっとした上り坂でもスピードが落ちていくくらい力がない。
「おいおいっ、お前さんは本当に850ccなのかい?」って感じですよ。もともと「3000回転以下はあまり使い物にならないし、ギクシャクする。特にマフラー変えて抜けよくなると顕著」とはあちこちに書かれていますが、さすがにこれは…  ってレベルです。

症状2:3000回転辺りで引っかかる
3000回転くらいで息継ぎっていうか、ギクシャクするというか、、、
1速で交差点曲がっている時とか、スゲー気を使います。
そんな感じ

症状3:エンブレ時にアフターファイアー
エンブレ2500〜3000回転くらいでアフターファイアーしまくりです。
要はアクセル全閉で3000回転くらいに落ちた所で「シュコッ!」とか「パーン」とか「パンパン」っていうんです。
ちなみにチョーク引くと調子良いです。パンパン言わなくなります。

試行錯誤プラン

以上のような状況ですので、皆様のブログなど拝見しつつ、原因想定して1つ1つ試していきますかね。
TDM850で検索するとあまり情報ないのですが、兄弟のTRX850で検索すると結構色々と出てきます。TRX乗りの方々の方が「そんなことまで自分でやっちゃうんだ」っていう『濃い〜方々』が多いですね(^^)

燃調薄い?
【薄い】とはどういう状態か?
  • アクセルのつきは良いがトルク感が無く、低速走行時に車両がギクシャクするなど不安定になる。
  • エンジンが暖まった時にアイドリングが不安定又はストールする。チョークを引くと調子は良くなる。
  • エアクリーナーフィルターを外し直キャブ状態にすると更に悪化する。
  • エンジンブレーキをかけるとアフターファイヤーを起こす。
  • プラグが白く焼けている。
「濃いのか?薄いのか?」っていうと、状況からいって確実に薄いです。

ということで、第1プラン「では、ちょっと濃くしてみよう!(-"-)」にします。

純正番号以外のジェットは調達出来るのかもよくわからないので、パイロットスクリューとニードルクリップで燃調調整してみよう。
苦労だけでお金はかからないしね(^^)

あと、この前の記事に友達から
キャブ地獄へようこそって感じですかね(^^;)
スロージェット辺りの詰まりですかね~
お互い年取ったマシンだと色々ありますね
ってなコメントをいただいています。
そういえば、この前キャブばらした時にスローは外さなかったなぁ
第2プラン「念のため、スロージェットの詰まりはないか見てみよう」
ただ、TDM子ちゃんはキャブ下ろすの大変なんだよなぁ…

でも、こんな↓ことする友からの経験に基づく予想です。
ちょっと信じてみよう。
なんたって、「たま〜にエンジンばらして組み立て直すと調子よくなるカワサキ車…って噂は本当だった」とか言ってますからね(笑)
古いバイクの維持にはそんな心意気が必要なんですかね〜

エアカットバルブ
エンブレ時にアフターファイアーってキーワードでGoogle先生に聞いてみると、
とか
の記事が出てきます。

こんなところにもゴム部品(ダイヤフラム)があるとは…  うーん怪しい

第3プラン「キャブの連結とかなきゃならないみたいだけど…エアカットバルブの状態を確認しよう」

スロットルポジションセンサー(T.P.S.)
こんなサイトがありました。

いろいろ外してキャブまでアクセスする予定なので、一応チェックだけしてみよう。
第4プランスロットルポジションセンサーのチェックをしてみよう。」

実践〜

さあ、いってみよー(^-^)/

と、、その前に銀行回り諸々やっつけてこないとな。ということで、出番です。
f:id:AkasakaIchiro:20170625193034j:image
やっぱりSRVくんいいねー
乗りやすいし、軽いし、足つきいいし

パイロットスクリュー&ニードルクリップ調整
検討した第1プランですよ。
燃調を濃くしましょう。
まずはキャブにアクセス
f:id:AkasakaIchiro:20170625193403j:image
簡単にこんな絵を載せてますが、ここまで来るのに、シート・カウル外して、タンク外して、エアクリーナー外さなきゃならんとです。

そしてバイロットスクリューですが…
f:id:AkasakaIchiro:20170625194036p:image
これがまた、アングルドライバーでもないと回せない位置にあるんですね〜(ー ー;)
ええいっ、しゃーないキャブ外してと…

さあ、どんな調整をしてみようか?
…そんなのは分かんないです。
なので、思い切って
  • パイロットスクリュー:2回転半戻し→4回転半戻し
  • ニードルクリップ:上から2段目→上から3段目
で行ってみましょう
f:id:AkasakaIchiro:20170625214502j:image

設定変更したキャブ取り付けて、エアクリーナとタンク載せて、さあ、試運転!(-"-)
m(゚- ゚ )カミサマ!

…はい、残念でした。
なんと!全然変わらない(T_T)
結構思い切って(できる範囲で)濃くしたつもりだったのですが、相変わらずエンブレ時のアフターファイアー頻発です。

ということは、やはりもっと根本的なところなんですかね。
スローの詰まりチェックの第2プランにいきます。

スロージェットをクリーニング
炎天下の中、またキャブ外すのか…(-。-;
涼しくなってからにしよう…
f:id:AkasakaIchiro:20170625220249j:image
あのね。簡単そうにこの絵↑挙げてますが、結構面倒なんです。夕方とはいえ汗だくです。

なんとか外しましたよ。
f:id:AkasakaIchiro:20170625220558j:image
忘れないうちに、ニードルクリップを2段目に戻して、パイロットスクリューもデフォの2回転半戻しに戻しました。

スローが詰まっているかもってことで、スロージェットも外して、キャブクリーナーをプシューッして綺麗にしましたよ。
f:id:AkasakaIchiro:20170625222737p:image
これで第2プラン完了

エアカットバルブのチェック
キャブ降ろすのも大変な作業なので、出来ることはやってしまおう。
ってことで、エアカットバルブのチェックをしておこう。

ただね、片方は内側にあるので、連結は解かなきゃなりません。
f:id:AkasakaIchiro:20170625230507p:image
中にはなんか…ドロドロしたものが…
f:id:AkasakaIchiro:20170625230649j:image
綺麗にして、ダイヤフラムをチェックです。幸いダイヤフラムに破れはなかったのでそのまま装着です。

再度連結するのが大変でした。
まあ、元に戻りましたよ。
f:id:AkasakaIchiro:20170625231018j:image
負圧計付けてちゃんと同調とった方が良いとおもいますが、まあ、取り敢えず目視で左右の開きを同調しときます。
取り付けは明日!

うーん、早く結果確認したいのに、朝から雨だよ…
f:id:AkasakaIchiro:20170625231048j:image
午後には雨も上がるので、取り付けは午後だな。
---
TDM子ちゃんのキャブの取り付けで苦労するのは、アクセルワイヤー掛けるのと、インシュレータのバンド留めのネジ締めだね。

スロットルポジションセンサーのチェック
そうそう、ここでスロットルポジションセンサー(T.P.S.)のチェックをしておこう。

手順は
  1. キーをON
  2. T.P.S.のカプラを外す
  3. 再度カプラを接続する
これで調整モードに入ります。
チェックは、タコメーターで確認
  • 4000rpmを指していれば正常
  • 1000rpmまたは8000rpmを指していると異常

_ノフ○
1000rpm指してるじゃないか〜
(T_T)

調整したいところですが、トルクスレンチ(星型というか歯車型というか…)ってのがいるらしい。
そんな工具は持っていないので、今回は「異常である!(-"-)」というのを確認したということで、先に進みましょう。

結果発表〜

タンクもカウルも付けて、ガソリンコックONにしたのをちゃんと確認して、あとはテストです。
f:id:AkasakaIchiro:20170625232017j:image

さて、エンジンはかかるのか!(-"-)
15秒ほどセル回して、「キャブにガソリン回ったかなぁ」ってくらいで無事にかかりましたよ
\(^o^)/

そして空ぶかし
「ブオオォーン、ブオオォーン…」
おっ!なんか、アクセルのツキが良くなった感じですよ。
3000回転くらいでモタモタしないし、良い感じ〜

期待を持って試運転ヽ(´ー`)ノ

よしっ!
  • 3000回転以下のヘナチョコトルク感が治った
  • アクセル開ければグイ〜っと加速します
  • しばらく走って十分暖まってもアフターファイアーなし!

まあ、もともとの問題である「ある程度スピード出ているところで、アクセル全開した時の加速感」は高速乗ってみないとわかりませんが、下の方は治りましたよ。

何が問題だった?

さて、今回のこの不調は何が原因だったのでしょうか?

やったことは
  • スロージェット(パイロットジェット)のお掃除
  • エアカットバルブのお掃除
なので、ここらが原因だと思うのですが…

あと、ちょっと気になるのが、インテークとキャブの接続部分…
まさか、ちゃんとハマってたよなぁ。
インシュレータの所から二次エアー吸って不調だったって落ちではないよなぁ。
今となってはわからないミスですが、目視できないし、固定バンドも手探りで締めているし、自分が信じられない私としては、そのあたりも
φ(◎。◎‐)メモメモ
って所ですね。

今後の課題

今回は手を入れていない2点
  1. キャブの同調
  2. T.P.S.の異常

取り敢えずはちゃんと走るようになったし、この辺は今後の課題ということで、しばらくしたら手を入れようと思います。

だって、結構大変なのに、、、
ガソリン漏れに始まり、毎週ガソリンタンク外してるような気がするからね。本当、整備性悪くて(泣)

あと、調子を見るためにも(対策結果を確認するためにも)しばらく乗って、現状把握に努めたいと思います。
────────────
過去記事を最初から読んでくれるっていう奇特な方は、どうぞこちらへm(_._)m