刃のない斧とSRV250のレバー磨き

斧を削る

ナイフで薪割るのも、すぐに刃が鈍りそうなので、安っい小さな斧を調達してみました。
届いた物の刃がこんな(ー ー;)
f:id:AkasakaIchiro:20160521154826j:image
刃先はあちこち欠けてて、薪を割るというか叩き…
んー…割れない…
って感じの刃です。

研いで刃を付けようかととも思ったのですが、包丁やナイフと違い分厚い鋼の塊です。
砥石で研ぐなんて気が遠くなるので、先ずはグラインダーで欠けてる所を削っちゃおうと思います。
刃物を回転数が高いグラインダーで研ぐのは、熱を持つため良くないってことなんですが、
まあ(^^) 叩き割る道具だし、気にするのはよそう。

ってことで、400番と600番のディスクでガリガリ削ってやりました!(-"-)
f:id:AkasakaIchiro:20160521210206j:image
後は荒い砥石で少し研ぎましょうかね。

ついでにレバーも削る

折角グラインダー出してきたので、バイクもどこか磨こうかと思います。
よしっ、今日はブレーキ&クラッチレバーだ!
f:id:AkasakaIchiro:20160521160222j:image
f:id:AkasakaIchiro:20160521160201j:image
赤棒・白棒・青棒で磨いた物はこちら
f:id:AkasakaIchiro:20160521160404j:image
キラーン*✴︎★
15分程でこの輝き!(-"-)
まあ、すぐに曇っちゃいますが…

f:id:AkasakaIchiro:20160521160718j:image
f:id:AkasakaIchiro:20160521160729j:image
おー、輝いた

さらに包丁、ナイフも研ぐ

斧研いでたらスイッチ入りました(笑)
包丁、ナイフも研いでおこう。
f:id:AkasakaIchiro:20160521181429j:image
1000番と3000番のコンビ砥石。
一生懸命研いだけど、紙がスパッと切れるのはモーラナイフだけでした。
鋼は研ぐと良く切れるようになるんだな〜

ステンレスは錆びなくていいけど、研いでもあまり切れ味鋭くならない。

---
バイクは磨くと愛着湧くし、刃物は研ぐと愛着湧くのであった。

────────────
過去記事を最初から読んでくれるっていう奇特な方は、どうぞこちらへm(_._)m